QIAGEN IPA

New user training: Large dataset analysis and knowledgebase queries using...

292 views February 20, 2021

In this 90-minute video, users will take a deeper dive into core analysis, comparison...

QIAGEN IPA

New user training: Large dataset analysis and knowledgebase queries using...

290 views February 20, 2021

In this 90-minute video, new users will learn - how to upload their dataset (RNA-seq,...

QIAGEN IPA

Multi omics analysis using QIAGEN Ingenuity Pathway Analysis (IPA) - Feb 18

442 views February 20, 2021

This 90-minute training session is about how QIAGEN Ingenuity Pathway Analysis (IPA)...

QIAGEN IPA

Investigating the tumor microenvironment using QIAGEN Ingenuity Pathway...

282 views January 22, 2021

In this training session, Dr. Eric Seiser, Field Application Scientist, QIAGEN Digital...

QIAGEN CLC Genomics

QIAGEN CLC Genomics Workbench training – Part 2/2

186 views February 21, 2021

Day 2: Analyzing RNA-seq data using QIAGEN CLC Genomics Workbench Speaker: Araceli...

日本語 (Japanese)

QIAGEN OmicSoft Land Explorer for IPA チュートリアル11 Single Cell Land

77 views December 18, 2020

Single Cell Land は1細胞レベルの発現情報を集めたLandです。多細胞での発現情報では得られない情報が取得できる場合があります。

日本語 (Japanese)

QIAGEN OmicSoft Land Explorer for IPA チュートリアル10 QIAGEN DiseaseLand

70 views December 18, 2020

がん以外の疾患を対象にした QIAGEN DiseaseLand では Disease vs. Normal, Responder vs. Non-Responder...

日本語 (Japanese)

QIAGEN OmicSoft Land Explorer for IPA チュートリアル9 融合遺伝子解析

100 views December 18, 2020

1遺伝子を指定しただけでも融合遺伝子の候補を表示することができ、またサンプル、遺伝子、変異の場所による様々な表示、サンプルの絞り込みが行えます。

日本語 (Japanese)

QIAGEN OmicSoft Land Explorer for IPA チュートリアル8 変異解析

62 views December 18, 2020

QIAGEN OmicSoftの変異解析の結果はオミックデータ解析という発現、変異、コピー数等の実験結果のデータに基づいた表示を取り入れることにより、多様な視覚化が可能になります。

日本語 (Japanese)

QIAGEN OmicSoft Land Explorer for IPA チュートリアル7 複数遺伝子の発現解析

75 views December 18, 2020

複数遺伝子による検索では、ヒートマップ等ひとつの遺伝子の検索とは異なるビューが利用できるようになります。

日本語 (Japanese)

QIAGEN OmicSoft Land Explorer for IPA チュートリアル5 単一遺伝子の発現解析1

87 views December 18, 2020

ひとつの遺伝子を検索し、サンプルの絞り込み、グループ分けを行い、様々な形式で発現データの視覚化を行います。