日本語 (Japanese)

QIAGEN IPA チュートリアル7 既知のパスウエイ(Canonical Pathway)解析

23 views
September 25, 2020
既知のどのようなパスウエイの活性化、不活化にアップロードしたデータが寄与しているか等既知のバスウエイと自分のデータとの関連が調べられます。またActivity Plot により、公開されている約65,000個の実験結果で特定のパスウエイが活性化されているかの情報も得られます。

Related videos

日本語 (Japanese)

QIAGEN IPA チュートリアル5 コアー解析の設定と実行

28 views September 23, 2020

IPAの主要な解析のセットであるコアー解析の設定、実行についての説明です。

日本語 (Japanese)

QIAGEN IPA チュートリアル6 コアー解析の結果のまとめ

22 views September 23, 2020

"コアー解析実行結果のまとめ(Summary)についての説明です。 "

日本語 (Japanese)

QIAGEN IPA チュートリアル8 上流制御因子の解析

20 views September 23, 2020

コアー解析の中でも使用される頻度の高い上流制御因子の解析です。

日本語 (Japanese)

QIAGEN IPA チュートリアル9 更なる上流因子の解析

17 views September 23, 2020

上流因子の更に上流の、マスター制御因子となっているかもしれない因子の解析(Causal networks)です。